お金

大学生のうちに読んでおくべき本

大学生 本 おすすめ

こんにちは。今回は、大学生のうちに読んでおくべき本を紹介します。

「本を読んだほうがいいのは分かってるけど、何を読んだらいいんだろう・・・」

「どうせ読むなら、ハズレは引きたくない!」

といった悩みを解決するために、おすすめの本を紹介します。

 

なぜ大学生は本を読むべきなのか

本を読め、と小さいころから何度も口うるさく言われた方も多いと思います。

では、なぜ本を読むべきなのか。

それは、コスパ良く学ぶことができる最強の教材だからです。

有名人や、自分より何倍も頭のいい人たちが、人生で何年もかけて体験したことが1000円ちょっとで体験できるって魅力的ですよね。

そういう意味で本は読む価値があると思います。

 

おすすめの本① 金持ち父さん 貧乏父さん

まず大学生が読むべき本は、「金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学」です。

この本では、お金の仕組みや資本主義でうまく生きていくうえで大切なことを教えてくれます。

学校では教えてくれないお金について、深堀りして教えてくれる!!

刊行から13年経ってもベストセラーであり続ける超有名な本です。

 

「お金について勉強したい!」「知らないことで損をしたくない」という方はぜひ読んでみることをおすすめします。

 

おすすめの本② LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

続いてのおすすめの本は、LIFE SHIFT(ライフ・シフト)です。

この本では、これからの100年時代の生き方を学ぶことができます。

学生・社会人・退職後の3つの型にはまった生き方は終わりを迎えて、新しいマルチステージを人は生きるようになる、ということが主な内容です。

これからの社会の変化に乗り遅れないために、必読の本だと思います。

 

33万部を売り上げて、日本以外の国でも発売されている今話題の本。

ぜひ、世の中に敏感に生きるべき大学生に読んでほしい本です!!

 

おすすめの本③ お金2.0 新しい経済のルールと生き方

この本は、

「お金」と「経済」が、インターネットの爆発的普及以上かもしれない大変化を迎えようとしている。中央銀行を介さない仮想通貨の流通、評価や信用を軸とした資本の形成。

新たな「お金」や「経済」を、よりよい生き方のツールとして活用するための知識を、専門

用語をなるべく避け、読み易く書いた本です。

仮想通貨・フィンテック・シェアリングエコノミーといった現代社会に不可欠となりつつあるものを分かり居やすく説明してくれています。

 

これから社会に出たときに、お金ってそもそも何?といったことのならないように、お金鵜について知識のない大学生はぜひ読んでみてください!!

おもしろいです。

興味のある本以外も読んでみよう。

大学生はいろいろなことへの知見を深めるためにも、興味のある本だけでなく、あえて興味のない分野の本も読んでみることをおすすめします。

今まで全く興味のなかった分野の面白さに気づいて、自分の幅を広げることができるかもしれません。

本は自分への自己投資だと思って、読みたい本があったら迷わず購入すべし!!

 

自分を成長させてくれることは間違いなし!!

 

空き時間があったら本を読もう

空き時間があったら、本を読む習慣を作ることをおすすめします。

Twitterをちょこちょこつついても、何も得られるものはありません。

 

大学生は時間があるはずです。時間がないと言い訳をせずに、自分で時間を見つけて未来の自分へお投資をしましょう。