大学受験

〔大学受験〕独学で英語の偏差値を70まで上げた勉強方法 

英語 勉強方法 独学 70 早慶 マーチ 早稲田

「英語を制する者は受験を制す」という言葉もある通り、受験において英語は避けて通ることはできません。

国公立、私立、ましてや文系理系問わず英語のない入試はほとんどありません。

 

そこで、今回は

「英語の偏差値を上げたいけど、どうすればいいのか分からない・・」

「ほんとに今の勉強のしかたで英語の成績が良くなるのかな???」

といった悩みを解決します。

実際にぼくは、塾に通わずに独学で難関私立大学と呼ばれる大学に現役合格しました。

主に使った参考書とやり方

ここで紹介する参考書は、実際に私が受験生の時に愛用していたものでどれもボロボロになるまで使い込みました。

最低限ここにある参考書をマスターすれば、偏差値は間違いなく上がります。

 

システム英単語・解体英熟語

この二つは受験当日も会場に持ち込みました。単語と熟語をマスターするうえでこの2冊があれば十分です。

なるべく早く、全単語をマスターして、試験当日まで何度も何度もボロボロになるまで反復しましょう。

派生語もマスターすべきです。

 

速読英単語

この教材は、単語を学びつつ長文読解のために大切な読解力・速読力・テーマの理解に役立つ予備知識をつけることができます。

速読英単語で扱われている英文のテーマは、受験に頻出するテーマが扱われているので、他の英文を読むうえで欠かせない背景を知識を身に着けることができます。

背景知識があるのとないのでは英文に対する理解スピードが全然違います。

空き時間でも見やすいサイズなので、暇さえあれば単語の意味を推測しつつ長文を読みましょう!

システム英単語には載っていないような難しい単語もあります。

ですが、テーマでは頻出の単語である場合も多いので、推測できる力をつけつつ、なるべくマスターできるようにしましょう。

 

ポレポレ英文読解プロセス50

単語と熟語を知っているだけでは、正確に素早く英文を訳すことはできません。

そこでこの教材は、難解な英文を読解するための力をつけることができます。しかし、英語力がある程度ある人でないと、全く理解することができません。

私は、高3の初めに手を付けてみたものの英語力不足で全く分からなかったので、10月ごろから本格的に始めました。

この参考書に取り組んでから、長文の読みの正確さとスピードが一気に上がったのを実感しました。ほんとにおすすめです。この教材がなかったら英語の偏差値が70まで伸びることはなかったと思います。

 

やっておきたい英語長文300・500・700

英語の長文というのは、受験英語において最も大切なものです。

受験の英語は、学校によっても違いますが多くの配点を占めます。いくら文法が満点でも、長文ができなかったら合格することはありません。

この教材は、300・500・700とレベル別に分かれていて、良文がそろっているところが良いところです。(1000は700と難易度が同じで単語数が増えるだけなのでやる必要はないと思います)

やり方としては、1日1題ペースで進めていくことが望ましいです。

問題を解いた後は、1文ずつ日本語と照らし合わせて完璧に訳すことができるようになるまで復習することが大切。

自分の経験上、この小さな地道な積み重ねでどんな英文でも訳すことができるようになります。

次の日には、前の日に解いた長文をもう一度復習して、また新しい長文を解きます。

前日の復習の際は、問題を解き直す必要はなく、日本語訳を見ずにすらすら訳すことができるようにするだけで十分です。

 

過去問を解く

大学によって試験問題の形式は全く異なります。

学部によっても大きく異なるので、自分がる大学・学部の過去問の対策をしましょう。①~④の参考書で基礎的な力を付けた後は、ひたすら過去問を解きましょう。

理想的には夏休み終わり、遅くても10月までには過去問を解いておきたいです。

 

過去問を解いた後は、もちろん復習が大切です。

復習せずに、ただ過去問をやみくもに解き続けるだけならまったく意味はありません。

月曜日に英語を解く

火曜日に英語を復習

水曜日に国語を解く

木曜日に国語の復習

金曜日に社会を解く

土曜日に社会の復習

日曜日にもう一度全科目復習 といった感じで過去問を解いていました。

 

とにかく復習してわからないところを一つずつなくしていくしかない!!!

 

最後に

受験をするうえで英語から逃れるわけにはいきません。

しかし、英語は正しく勉強したら必ず成績が上がる科目でもあります。

成績が急に上がる魔法のような方法はないです。

 

毎日英語に触れて、読めない文を読めるようにしていくことが最終的には近道になると思ってください。

 

頑張れ受験生!!!!